すずと雨やどり。ブロガーさん応援ブログ

ブログ収益化攻略サイト。この時代を生き抜くには、発信力のある人が一番強いから。『ブログ×好きなこと×収益化』収益化達成したからこそ教えられる大切なポイントなど伝えてます。実体験を元にした記事を揃えてあります。ブロガーさん応援無料メルマガもあります。登録はお気軽に!

    

BUMP OF CHICKEN『ロストマン』は人生のコンパス。

f:id:suzu-amayadori:20200604021100p:image

 

こんにちは、すずです。

 

今日は私が中学生の時に出逢い、

幾たびにも渡って、人生の道標となってくれた

 

BUMP OF CHICKEN  

『ロストマン』

という歌詞を紹介します^^*

 

有名な曲なので、ご存知の方も多いと思います。

 

 

ロストマン

ロストマン

  • BUMP OF CHICKEN
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes



 

今私は31歳なので、もう18年以上

この歌詞が心に住み続けていることになります。

 

父が自ら命を断った時も

祖父の家に引き取られた時も

家族離散に陥った時も

 

就職する前日にも

引越しの日にも

転職した日にも

お花屋さんになった日にも

店長になった日にも

うつ病で死のうと思った日にも

貧困に喘いだ日も

希望を持った朝も

 

この曲がいつも

魂の奥底の方で静かに出番を待っていて、

 

ここぞと言う時に

そのメロディーを降らせては

私を仄暗い闇の縁から救いあげてくれました。

 

そんな思い入れのある、本気で素敵なこの曲を

ぜひみなさんにも『深く深く』知って欲しくて

今日のこの記事で伝えることにしたのです。

 

 

 

f:id:suzu-amayadori:20200603230347j:image

 

『ロストマン』の歌詞が

一番心に染み渡る時、それは

 

人生の迷路に迷い込み、途方にくれた瞬間

 

不器用な人生に嫌気がさした時

 

人生を振り返る時

 

理由もなく不安で淋しい時

 

新しい自分に生まれ変わりたい時

 

人生の節目とも言える大切な場面です。

 

 

 

f:id:suzu-amayadori:20200603232632j:image

 

兎にも角にも、

まずは歌詞を見てください。

 

きっと冒頭から、心奪われると思います。

 

一番冒頭

 

状況はどうだい  僕は僕に尋ねる

旅の始まりを  今も思い出せるかい

 

選んできた道のりの正しさを祈った

 

いろんな種類の  足音  耳にしたよ

沢山のソレが  重なってまた離れて

 

淋しさなら忘れるさ  繰り返す事だろう

どんなふうに夜を過ごしても

昇る日は  同じ

 

 

後半の『君を失った』

私の個人的な解釈として、

 

『これまで、この生き方で良いんだと

    信じていた自分自身』

 

だと思っています。

 

 

これまで様々な出来事に見舞われながらも

懸命に生きてきた自分の生き方が

『これでよかったのか?』

 

そう思って途方に暮れた時

 

次に何を求めて生きていけばいいのか

分からなくなる瞬間

私には何度も何度もありました。

 

 

そして、自分自身に問いかける。

 

『状況はどうだい?』と。

 

『人生の岐路』に立ち、

静かなる覚悟と共に一歩踏み出した

『あの瞬間』をまだ思い出せるか?と。

 

 

否応なしに、

色んな人との出会いと別れを繰り返して。

 

自分が選択してきた、

時に見て見ぬふりもしてきた

これまでの道のりの正しさを祈り続けて。

 

 

のたうち回るほどの『本当の孤独感』に

何度も苛まれた末、どこか悟ったように

 

無理やり希望を持たせては

繰り返す朝を今日も迎えて。

 

あなたにもそんな記憶が

あるかもしれません。

 

 

一番サビ

 

破り損なった  手造りの地図

辿った途中の  現在地

動かないコンパス  片手に乗せて

霞んだ目  凝らしている

 

君を失った  この世界で

僕は何を求め続ける

 

迷子って気付いていたって

気付かないフリをした

 

 

これまでの自分を好きになり切れず、

かといって嫌いにもなりきれず

 

死ぬこともできずに、結局生きながらえて。

 

まさに今この瞬間も、立ち尽くしたままで

何処に向かうかも見失って。

 

でも何処かに辿り着きたくて。

 

すでに人生の迷子。

 

でも自分のプライドが

それを認めるのさえ許さない。

 

 

弱い自分を認められない、このもどかしさ。

もっと強くなれたなら。

 

 

一番の歌詞を貫くのは

『迷い』。

 

 

そして

『希望を織り成していく』

二番へ。

 

 

状況はどうだい  居ない君に尋ねる

僕らの距離を  声は泳ぎきれるかい

 

忘れたのは   温もりさ

少しずつ冷えていった

 

どんなふうに夜を過ごしたら

思い出せるのかなぁ

 

 

『居ない君』

まだ手にすることができずにいる

『理想の自分』。

(これは私の勝手な解釈です)

 

 

そして現実の不器用な僕は

僕への応援歌と共に、

理想の自分への距離を縮められるのだろうか

という疑問と不安。

(『僕らの距離を  声は泳ぎきれるかい』の部分)

 

 

あの時燃え上がった、静かなる炎の熱は

少しずつ現実の冷たい風に吹かれ、冷えていく。

 

 

あの情熱をどうしたら思い出せるのか…

 

まだもがき続ける自分がそこに。

 

 

二番サビ

 

強く手を振って  君の背中に

サヨナラを  叫んだよ

 

そして現在地  夢の設計図

開く時は  どんな顔

 

これが僕の望んだ世界だ

そして今も歩き続ける

 

不器用な旅路の果てに

正しさを祈りながら

 

いよいよ、

これまでの自分に手を振る覚悟を。

 

自分の立っている場所が

新たな『始まりの場所』

 

 

自分の立ち位置を知ることで

また心が揺れてしまうのか、

揺るぎない覚悟に変わるかは

自分でも想定し得ない。でも。

 

 

また歩き始めると決めた。

どんなことが起ころうとも、

それは自分が望んだ世界での出来事に過ぎない。

 

 

そうしてまた、

歩き続ける日々に還っていく。

 

相も変わらず不器用な自分が選択する、

その道が正しいことを祈りながら。

 

 

そして曲のラストへと疾走

 

時間はあの日から  止まったままなんだ

遠ざかって  消えた背中

 

あぁロストマン  気付いたろう

僕らが丁寧に切り取った

その絵の名前は思い出

 

強く手を振って  あの日の背中に  サヨナラを

告げる現在地  動き出すコンパス

さぁ行こうか ロストマン

 

 

一度は見失った『理想の自分の背中』

 

丁寧に  =  考えに考え抜いて

切り取った  =  決断して…

 

そして残ったのは

『思い出という名の絵』

 

 

立ちすくんでいた自分はすでに

『思い出(過去のもの)になった』。

 

 

過去の自分に別れを告げると、

鮮やかに時間が動き出す。

 

そしてコンパスは、覚悟と共に

自然と道を示してくれる。

 

 

さあ、行こうか。

 

 

ラスト

 

破り損なった  手造りの地図

シルシを付ける  現在地

 

ここが出発点  踏み出す足は

いつだって  始めの一歩

 

君を忘れたこの世界を

愛せた時は  会いに行くよ

 

間違った  旅路の果てに

正しさを祈りながら

 

再会を祈りながら

 

 

今は、不器用な自分さえも

無かったことにして歩き出そう。

 

過去さえ振り返らない覚悟を持って。

 

また納得のいかない人生になるかもしれない。

 

 

でも、歩き続けるうちに

嫌いだった過去の不器用な自分も

自分を形作る一部だと気付くはず。

 

 

そう思えるようになった時には、

過去の自分さえ救いあげてみせるよ。

 

 

 

f:id:suzu-amayadori:20200604013142j:image

 

私が一番、心揺さぶられるフレーズは

 

ここが出発点  踏み出す足は

いつだって  始めの一歩

 

もう、思いっきりベタなんですけど

やっぱり聞く度に、覚悟が本物になる。

 

いつだって人生リスタートできるんだと、

強い言葉のパワーを感じます。

 

藤くんの曲や歌詞にはどの曲も

もの凄いエネルギーが秘められていて。

 

BUMP OF CHICKEN を好きになれたこと、

誇りに思います。

 

大げさでなく、私の人生の救世主です。

 

 

特に13歳の時、父と死別し

世界が色を失くしたあの時期に

繰り返し聞いては泣いていました。

 

 

BUMP OF CHICKEN  の名曲たちから

もらったものは、

 

『自分を認めてあげる強さ』

『辛い時にはいつでも、自分のそばに

   もう一人の自分がいるんだということ』

 

『何回転んだっていいんだということ』

 

いつでもBUMP OF CHICKEN  という

『ぬくもり』に帰れるという安心感

 

 

作詞作曲をしているボーカルの藤くんは

いつでもこんなメッセージを

みんなに届けたいんじゃないかなと思うのです。

 

人生ってさ、よく分かんないよ。

でも不器用でも、醜くてもなんでもいいよ。

 

その瞳を開け続けていようよ、

息をし続けよう。

 

思っているより

大事なものはいくつもないよ。

 

でもね、『自分が生きている』

 

それだけは一番大切にしてくれ。

 

 

そして18年経った今、

藤くんのメッセージを受け取り続けた私は

ちゃんと生き続け

 

自分なりに強くなったと自負できるまで成長し、

 

このブログを通して

この曲をあなたに伝えられたこと

とても嬉しく思います^^*

 

 

知っている人も、初めて知った人も

全体を通して『ロストマン』

ぜひ聞いてみてください。

 

ロストマン

ロストマン

  • BUMP OF CHICKEN
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

最後まで読んでくださり、

ありがとうございました^^*

 

 

ちなみにこのジャケット↓↓の

BUMP OF CHICKEN  の  アルバム

『ユグドラシル』

人生に深みをもたらしてくれるので

ぜひとも聞いてほしい作品集です。

 

https://music.apple.com/jp/album/%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%83%89/1464634866?i=1464634870&uo=4&at=10l8JW&ct=hatenablog

その中の一曲を。

 

 

BUMP OF CHICKEN  は本当に好き

まだまだ紹介したい曲があるので

また記事にするかもしれません^^*

 

その時はお付き合いくださると嬉しいです!✨

 

 

『記事読んだよ〜!
こんなことを感じたよ!』など

 

こちらのURLをクリックして
https://twitter.com/suzu_amayadori
一言メッセージをいただけたら
泣いて喜びます(﹡ˆˆ﹡)

 

(アウトプットの練習と
記憶にも残るのでおすすめです^^*)

URLタップすると私のTwitterに飛びます🕊