すずと雨やどり。ブロガーさん応援ブログ

ブログ収益化攻略サイト。この時代を生き抜くには、発信力のある人が一番強いから。『ブログ×好きなこと×収益化』収益化達成したからこそ教えられる大切なポイントなど伝えてます。実体験を元にした記事を揃えてあります。ブロガーさん応援無料メルマガもあります。登録はお気軽に!

    

【救われる言葉たち】『サン=テクジュペリ 星の言葉』 を読んだので心を貫かれた言葉を紹介します

こんにちは!すずです。


今日は『星の王子さま』の著者
サン・テグジュペリの言葉が厳選された


だいわ文庫

『サン・テグジュペリ 星の言葉』から
素敵な言葉を紹介したいと思います。

 

f:id:suzu-amayadori:20200607132615p:image

 

サン=テグジュペリ 星の言葉 (だいわ文庫)

サン=テグジュペリ 星の言葉 (だいわ文庫)

  • 作者:斎藤 孝
  • 発売日: 2006/03/01
  • メディア: 文庫
 

 


サン・テグジュペリってどんな人?


彼の原書には
「エッセンシャル」
「ヒューマン」というワードが
たくさん散りばめられています。


「エッセンシャル」は
本質的なこと、もっと大切なこと、
かけがえのないもの、という意味です。


「ヒューマン」は人間です。


サン・テグジュペリは
『人としてどう生きるべきか』
『人間にとって大切なことは何なのか』を


ずっと探し求めていた人でした。

 


彼のコンプレックスだらけの
人生を変えたのは、
『飛行士』という仕事でした。


上空から見たことのない美しい景色や、
様々な人たちが織り成す
生活模様を見ることで


狭い「自分」という枠から
解放されていきました。

 


その後、作家になってからも
ずっと手探りで
人生を歩んできた彼の言葉は、


夜空に優しく瞬く星の光のように
「私たちと一緒に歩いてくれる言葉」です。


明日が不安なとき、
心を決めたいとき、
働くことの意味に悩んだとき、


ぜひ彼の言葉を感じて、
明日を生き抜く力にしてみてください。

 

明日が不安なときに

 

いったん出来事の渦の中に
身をおいてしまえば
人はおびえないものだ。


人を不安にさせるのは
未知のことだけだ。

 

人生は矛盾だらけだ。
やるようになるしかない。


それでも人生は続いていく。

 

人生には解決法なんかないんだ。
あるのは、前に進む力だけだ。
解決法は、後からついてくるものさ。

 

人生が楽しく思えないときに

 

大事なのは、
重々しいことじゃない。


微笑むだけでいい。
人は微笑みで報われる。
人は微笑みで生かされる。


命を捨ててもいい、と思うほどの
微笑みさえあるのだ。

 

探しているものは、
たった一輪のバラや


ほんの少しの水の中にも

見つかるはずだ。

 

人は自分の存在を

確固としたものにしてくれて


自分の心を
豊かに響かせてくれるものの方へ向かう


自分にとって実り豊かで
心に響くものであれば
たとえ貧しさだって懐かしむものだ。

 

仰向けに寝転がり
果実をすすり
流れ星を数える。


ぼくはこうして
ほんの少しのあいだ、
無上の幸福を感じる。

 


心を決めたいときに

 

生きることに

意味を与えてくれるものは

死にも意味を与えてくれる。

 

人間は、障害に向き合ったときに
自らを発見するのだ。

 

努めなければならないのは、
自分を完成させることだ。

 

眠ったままにされている人間が
あまりにも多すぎる。

 

ほかの人たちが成功したことなら
自分もきっと成功できるはずだ。

 


自分の仕事を見つめなおすときに

 

ぼくたちは、
たとえどんな小さなものであろうと


自分の役割を自覚したときにだけ
幸福になれる。

 

ひとりひとりの個人は、
それぞれひとつの世界なのだ。

 

やり方もたしかに悪いが、
むしろ
ものごとを見る眼力が
欠けているのだ。

 

階級だとか

実業家だとか金持ちだとか。


こうした観念は馬鹿げている。


存在するのは人間だけだ。


こういう区別をしてしまった時点で
すべてを誤ったことになる。

 

物質的な財産のためだけに働くことで
ぼくたちは自ら牢獄を
築くことになる。


生きるに値するものを
何ひとつ手に入れることのできない
灰のようなお金によって、


ぼくたちは
自分を孤独の中に閉じ込める。

 

ほんとうに大切なものとは
仕事がもたらす至上の喜びや
悲惨さや危険ではないだろう。


大切なのは
そうしたものによって育てられる
考え方だ。

 

つるはしを打ち込む者は、
そのつるはしのひと突きの意味を
知りたくなるものだ。

 

点灯夫が
街灯に灯をともすとき、
それはまるで彼が新しい星や
一輪の花を誕生させたかのようです。


彼が街灯の灯を消すときに、
その花も星も眠ります。


これはとてもステキな職業です。


ステキだから、
ほんとうに役に立つのです。

 

この人たちは幸せだ。
なぜなら彼らは
自分のしている仕事が好きだからだ。

 


さいごに


いかがでしたか?


いま、響かない言葉があったとしても
時が経ち、
ふと思い出すことはよくあります。


きっとその時々に
自分に必要なエッセンスなんですよね。


「エッセンシャル」を追い求めるなかで
何度も自分を見つめなおすとき、


この言葉たちが
あなたを包む込む
優しい光になりますように。

 

サン=テグジュペリ 星の言葉 (だいわ文庫)

サン=テグジュペリ 星の言葉 (だいわ文庫)

  • 作者:斎藤 孝
  • 発売日: 2006/03/01
  • メディア: 文庫
 
星の王子さま (新潮文庫)

星の王子さま (新潮文庫)

 


『自分のペースで無理することなく
   ネット上に自分の分身を作り
   収入を得る方法』を


2週間の無料メルマガで配信中です。


辛い時期を乗り越える方法も
配信しています。

 

気になる方はこちらより

20200519205703

 


このブログの著者すずは

多忙すぎて

自分を見失っていた社畜時代から抜け出し

 

大自然の中にあるログハウスで

毎日のんびりのんびり

自分の好きなことをしながら生きています。

 

著者の壮絶な人生と

このブログを立ち上げた理由はこちら

www.suzu-amayadori.site

 

『記事読んだよ〜!
こんなことを感じたよ!』など

 

こちらのURLをクリックして
https://twitter.com/suzu_amayadori
一言メッセージをいただけたら
泣いて喜びます(﹡ˆˆ﹡)

 

(アウトプットの練習と
記憶にも残るのでおすすめです^^*)

URLタップすると私のTwitterに飛びます🕊